飼い犬を健康に

昔から人間のパートナーとして、犬という動物は生きてきました。
かつては猟犬として、今ではペットとして飼われていることが多いでしょう。
いずれにせよ、もはやただの動物ではなく、家族の一員のように思っている人も多いのではないでしょうか。
そんな犬であるからこそ、できるだけ長く生きて欲しいものですし、健康に生きて欲しいものです。
では、どのようにすると飼い犬をできるだけ長生きさせることが出来るのでしょうか。
人間目線ではなく、犬目線で健康にとって必要なことを把握して置く必要があります。

飼い犬の健康に直接的に影響するポイントとして、まずは食事を見直すがよいでしょう。
基本的に人間とは消化出来るものの違いや、毒があるものの違いなどが違っているため、人間用の食事をそのまま与えるような食生活をするべきではありません。
例えば玉ねぎなどは犬に取っては悪い食材となっています。
そのため、ペットフードを利用するのが良いでしょう。

ただ、ペットフードにもいくつかの種類があるため、犬の体格や年齢に合わせて利用するものを変えなければなりません。
子犬向けの栄養に富んだペットフードをシニア犬に与えているとカロリー過多で生活習慣病になってしまったりもします。
もう一つ注意しておきたいのが「体温調節」のことです。
犬は人間とは違った体温調節方法を行っています。
基本的には舌を出すことによって体温を調節しているのです。
そこでこの先では、犬の体温調節の補助について紹介します。



≪注目サイト≫
人気の犬種トイプードルの基礎知識をまとめている犬のきもちの理解が深まるサイトです > トイプードル きもち